整骨院での腰痛の治療にはこんな事を行おう

腰痛の状態を確認する

痛みの状況をどんな状態であっても確認する事から行い、初診の時は痛みの状態の話を聞いて治療は状態を聞いた上で行います。腰痛は腰の回りの背中やお尻等広範囲に痛みを伴う事が多く、触診で痛みが発生している患部を確認していくのです。腰の痛みを感じている筋肉を押す事で、患部の状態を診ます。この時に痛みがある部分や、普段よりも痛みが強い部分がある時は伝えるようにします。これにより、治療が確実に施せるようになります。

腰痛の治療前は電気治療で

初診の診断が終わった後は、治療に入る前に電気治療を行います。腰痛の場合は電気を椎間板から背中にかけて腰の周辺の筋肉や筋に対して充てて、腰と腰を支える筋肉をほぐしていきます。筋肉と筋をほぐす事で、血行が促進する効果があります。血行が促進されると、手技を行う時に痛みを感じるのが少なく済みます。手技を行う方も、やりやすくもなります。手技の腰痛の矯正治療や通電療法等の治療効果をたかめるために、前準備として行うのです。

強い痛みの時の治療法

調整を腰や骨盤の歪みを、患部の負担を和らげながら行います。痛みが強い場合は、周囲の筋肉が硬直する事で可動域が狭くなり腰痛の再発になります。特にぎっくり腰等の場合は、痛みは下側の周辺のお尻から足の筋肉のこわばり等から把握する事が可能です。患部の周辺をほぐして、正常な骨格に調整して痛みを和らげる治療を行うのです。通電法という治療もぎっくり腰には効果が高く、腰の筋肉の負担を減らしてコリやリンパの流れを正常にします。

今や日本を代表する都市となった名古屋では、腰痛の治療も先進化しています。腰痛の名古屋、と言われて久しいのです。